カテゴリ:古民家( 5 )

生きている世界遺産

世界遺産が、生きている!?
それは、昨年見に行った富山の相倉合掌造り集落の事。
この集落は、今も人々が普通に生活しているという事が、私的に生きていると感じました。

よく知られている、岐阜の白川郷合掌造りと共に1995年にユネスコ世界遺産の文化遺産として登録されています。

殆どのものが、100~200年ほど前のもので、古いものは400年前のものになり、原始合掌造りと呼ばれています。
さすがに、それは保存されていて外からしか見る事ができません。

ここに住む人々が、どのように生活してみえるのかは判りませんが、いろんな生活の知恵が隠されているに違いないと思います。
私も古民家は、大好きですが実際に生活する上では、かなりの勇気と根性無しには、古民家生活は楽しめないと思いました。
もちろん、設備や内装のリフォーム無しには語れない世界だと思いますが。

生きる世界遺産!
f0123180_13255878.jpg

相倉集落入り口付近
f0123180_13261567.jpg

こんな感じで、普通に生活されていました。(人を入れずにとったので判りにくいです。)
f0123180_13263611.jpg

これが、原始合掌造り
f0123180_13265421.jpg

後ろから  
f0123180_13271255.jpg

中が見学できるところは、2か所ほどあります。
しかし、これで雪にも耐えるのだから素晴らしい。
f0123180_13342594.jpg

[PR]
by katsukoumuten | 2010-02-09 13:34 | 古民家

壁に・・・・

伊賀のとある古民家で見つけたのですが・・・・・・
壁に、大礒砂利と呼ばれる小さい砂利が、びっちりと塗りこまれています。
誰か、この技法をご存知に方は、ご一報下さい。
素晴らしい・・・・・

分かりますか?
f0123180_1620493.jpg

こんな感じで、和室全部の壁に塗りこまれています。
f0123180_16205185.jpg


私的には、ニカワか何かで石を練りこみ、塗りつけたのではないかと思うんですが?
土壁にそんなこと出来るんすか?
ん~・・・・
[PR]
by katsukoumuten | 2009-07-09 16:25 | 古民家

落語は楽しい!

昨晩、林家染弥さんの落語を聞きに、近所のギャラリー創へ行ってきました。
古民家を再生されたとても素晴らしいところで、染弥さんもいい感じにのってました。
昼間の公演も良かったそうですが、夜はとても幻想的な雰囲気でなんか時間を遡ったような感じがしました。      それに、ギャラリー創の方もとても素敵で温かい人達でした。
実は今日、改めてお邪魔させて頂ききましたが、やはり素敵なお宅とお人柄でした。
ただ、今は特にギャラリーをされているわけではなく、特別な時だけお店を開けられるそうで少し残念でした。
また定期的に、染弥さんをよんでほしいです。
[PR]
by katsukoumuten | 2009-05-31 22:15 | 古民家

「凪」

9月1日発売の「凪」に当社の記事が掲載されました。
凪は、季刊誌で年4回の発行ですが、根強いファンも多く私も以前より購読していました。
編集の方が、以前より気にしていた建物が当社の仕事と知り、取材の依頼を受けました。
なんと!カラーで見開きです!
一度ご覧下さい。どこの本屋さんにでも売ってます。
また、後日HP上でこの「凪」を5名の方にプレゼントさせていただきます。
UPは、来週始め頃になると思います。
では!
f0123180_1116371.jpg
f0123180_11165211.jpg

[PR]
by katsukoumuten | 2008-09-06 11:17 | 古民家

津市にも・・

20日に、津市のある場所で素敵な風景を見つけました。
夕刻の時間帯が、更にロケーションに花を添えてくれました。
日本伝統の古民家が立ち並び、棚田の水面に写る新緑の景色がとても素敵でした。
少し奥へ進めば、沢が有り素敵でしょう。
車を止めて、夕刻の田舎道を30分ほど散歩し、薪の匂いや、水の音や、落ち着いた静けさに感動し、いつかはこんなところで暮らしたいな~と、妻と子供と話しました。
子供達は、今にも住みたい勢いで大変な盛り上がりでしたが。
古民家好きの方、コメントお待ちしております。嫌いでもコメントOKです!

夕刻の散歩
f0123180_1846121.jpg

久しぶりに見た棚田
f0123180_18464198.jpg

立派な伝統工法の日本家屋
f0123180_18465739.jpg

ただただ、素敵な風景。 のどかですね~!
f0123180_18471232.jpg

[PR]
by katsukoumuten | 2008-04-22 18:51 | 古民家